注意しよう!格安SIMで気を付けたい3つのデメリット

注意しよう!格安SIMで気を付けたい3つのデメリット

 

キャリアに比べて圧倒的に安い料金で利用できる格安SIMですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。

 

今回は、格安SIMに乗り換えるに当たって注意が必要なデメリットについてもしっかりとお話ししようと思います。

 

 

 

格安SIMの3つのデメリット

 

格安SIMは条件付きのかけ放題プランしかない

 

キャリアの無制限かけ放題プランは、文字通りいくらかけても無料です。

 

しかし、格安SIMのかけ放題プランは時間制限があったりIP電話だったりと条件があります。

 

例えば5分までの通話なら無料でかけ放題などが代表的で、5分以上の長電話の場合、5分以降の通話については従量制で加算請求されます。

 

いくつか格安SIMを挙げて比較してみると次のとおりです。

 

 

[かけ放題のプランおよび料金の比較]

事業者 プラン内容 月額料金(税抜)
キャリア(参考) 国内かけ放題 2,700円
楽天モバイル

5分かけ放題
(5分以降は30秒10円で課金)

850円
FREETEL SIM

1分かけ放題
(時間超過後は30秒10円で課金)

399円

5分かけ放題
(時間超過後は30秒10円で課金)

840円
DTI SIM

5分かけ放題
(5分経過後は30秒20円で課金)

780円
IIJmio

家族と30分以内、誰とでも5分以内
かけ放題
(家族で30分以上だと30秒8円、誰でも5分以上だと30秒10円で課金)

830円
Y!mobile

スーパーだれとでも定額
・スマホプランS/M/L
・ケータイプランSS
(国内かけ放題・一部電話番号は有料)

1,000円

スーパーだれとでも定額
・ケータイプラン
(国内かけ放題・一部電話番号は有料)

1,500円
BIGLOBE SIM

通話60パック
(1時間分の無料通話が付いている)

650円
NifMo

NifMoでんわ
(IP電話による国内かけ放題)

1,300円

 

大容量のデータプランは料金があまり変わらない

 

ドコモにはドコモ光というインターネット回線とのセット割があります。

 

この割引を適用した場合ですと、20〜30GBの容量でドコモとイオンモバイルとの差がとても小さくなります。

 

このため、データ通信について格安SIMは小容量〜中容量に適しているということが分かりますので、ヘビーユーザーの方は格安SIMに乗り換えてもお得感は少ないのかもしれません。

 

通信速度はキャリアが安定している

 

格安SIMのデータ通信速度については、ネット上の評判や口コミ情報で概ね一致した結論が出されています。

 

朝の通勤時間帯、ランチタイム、夕方の通勤時間帯で通信速度が大幅に落ちるようです。

 

特に、ランチタイムが一番遅くなり、ネット上の報告によると1Gbps前後になるようです。

 

ただ、この通信速度ではニュースサイトのWeb閲覧やTwitterやFacebook等のSNSでは問題ありません。

 

通信量の消費が大きいYouTube等で高画質動画を視聴する場合や、大容量データのダウンロードやアップロードする場合に影響が出そうです。

 

格安SIMでのデータ通信プランでも一長一短がある事を理解した上で乗り換えた方が良さそうです。

 

 

 

まとめ

 

料金が安いと人気になっている格安SIMですが、デメリットもこのように存在しています。

 

格安SIMに乗り換える人は年々増えていますが、事前にデメリットを確認しておくことも必要です。

 

メリットとデメリットを見比べて、問題ないと感じたのであれば、乗り換えることをおすすめします。